フリーダムディスティニー

人間は人と関わる上で、自分と他者の関係性を築く際、誰もが母親(両親)との関係性を、他の人にもかけていこうとします。これを認証パターンといいますが、両親との関係がうまくいっていなければ、その人の人間関係を築く際に大きな問題となります。


問題を解決するためには、両親との関係性の修復、両親との関係のひな型を変える、つまり、これまでの認証パターンを終わらせなければなりません。


しかし、この認証パターンが、その人の存在に関わるレベル、潜在意識の最も深い部分にあるとき、自分一人で外すことはできません。


人間の意識の中には顕在意識と潜在意識がありますが、とりわけ、潜在意識の最も底部にある、トランスパーソナル、認証可能自己、認証不可能自己の領域にある認証パターンを外そうとすると、下手をすれば自分の存在自体を消してしまうリスクがあるからです 。


人間にとって最も怖いのは、自分自身がなくなること。消滅することです。


この存在認証パターンを外さない限り、何度でも同じ失敗を繰り返してしまいます。 

それを終わりにするには、他者のサポートを受けて、外してもらうしかありません。


私は、2016年の秋に、Ayaさんのサポートを受け、存在認証パターンを外してもらいました。

 

当初、私は両親との関係に、それほど問題を感じていませんでした。たまたま、フリーダムディスティニーの講習に含まれていたので受けただけのつもりでした。


ところが、いざ、存在認証パターンを外してもらうと、自分が幼い頃、母の口癖だった、『ウチの子は明るくて素直』という言葉が、私の人間としての価値観の根幹になっていることに気づきました。

明るくて素直でなければ愛されないと思い込んでいたのです。


お母さんに認めてもらいたい。お母さんにもっともっと愛されたい。


その思いから、無意識に母の求める娘像を感じ取り、それを演じているうちに、いつしかそれが自分の行動基準となっていたことに、初めて気づいたのです。


さらに、父に対しても、父の期待するレベルまで到達できなかった自分に、劣等感を抱いていたことに気づきました。


この劣等感から、私は自分の娘の受験期に、強烈なプレッシャーと恐怖感に支配されました。

娘が合格できなかったら、私たち母娘は、両親に認めてもらえない。


その恐怖と劣等感を抱えた人生を、フリーダムディスティニーのLOVINGによって、私はようやく終わらせることができたのです。


 Freedom Destiny 〜フリーダムディスティニー〜 

◎特に期待される効果

☆両親との関係性の影響を受けていた、思考や感情から解放されます。

☆両親や家族に対する憎しみが軽減し、奥底にあった愛に気づいていきます。

☆人間関係が改善され、自分を中心とした世界との関係が良好になっていきます。


(開発者)フリーダムディスティニー 平野 綾氏

このワークについての詳細はこちらをご覧ください。

◎フリーダムディスティニーセッション

【価格】64,800円(税込)

【施術の方法について】

・第1日目、第2日目の2日に渡って行います。

(1日目と2日目の間は3日〜1週間以内の期間をあけます)

・個室での対面セッションにて行います。

(セッションの時間は50分×2回)

【セッション場所】

 東京


*とてもデリケートでディープなセッションとなります。

 自己責任に立ち、真剣に変わりたいと望まれる方のお申込みをお待ちしております。


〜スピリチュアルティーチャー えんじゅ〜

0コメント

  • 1000 / 1000